シベリアンハスキー しつけ
▼人気犬種ランキング 第29位(09.JKCより)
シベリアンハスキーはシベリア北東のチェルスキー山脈一体を原産地とする犬種で、長い距離をスピードを落とすこともなく走り続ける持久力を持つことから、エスキモー(チュクチ族)の剃りやボーとの引き犬、番犬、猟犬として飼育されてきました。

シベリアンハスキーは、体高より体長が少し長くがっちりとした体格をしていて、引き締まった筋肉とピンと立った耳が特徴で、滑るような軽やかな足取りで歩きます。

表情はオオカミのような風貌をしていますが、その中にも親しみやすがあり、また、眼の色はブルーや褐色など様々で左右の色が違うことがあります。

スポンサードリンク

シベリアンハスキーの性格

シベリアン・ハスキーの性格はとても遊ぶことの好きなイタズラ好きで、いつも冒険心に富んでいます。また、頑固で強い警戒心を持っていて、旺盛な独立心からいつもどこかへ出ようとするくせがあります。

楽天的な性格があり、訓練のしづらいということもあって初心者には扱いにくい面があります。楽天的な放浪癖は、家に帰ることができず新しい場所に住み着くといったこともあります。

人に対してはとても友好的で飼い主には従順で、特に子供には良く慣れ親しみ遊びます。ただ、猫などの小動物を追いかけ回すことや、時々遠吠えをすることがあります。また、何でも口に咥えたり噛んだりします。

シベリアンハスキーにはいろいろ悪い行動があるようですが、これは一時期のブームによる乱繁殖による影響もあります。

シベリアンハスキーのしつけと飼い方

シベリアン・ハスキーの運動量は、長い距離を走り続けるだけの持久力を持っていますので、日常の運動はかなりの量が必要です。散歩の時間も1日2回、1時間程度の散歩や自転車を使っての並走など行います。また、広い場所で自由に走らせたりゲームを取り入れた運動を行いましょう。

被毛のお手入れ

被毛のお手入れは短く硬い毛なので、1週間に1~2回のブラッシングで良いでしょう。また、シャンプーも定期的に行う程度で良いでしょう。ただ、換毛期にはたくさんの毛が生え替わりますので、毎日、丁寧に死毛を取り除きましょう。

シベリアン・ハスキーは暑さに弱い

もともと極寒の地で育ったシベリアン・ハスキーなので寒さには大変強いですが、日本の夏の暑さには弱いのです。夏場の散歩の時間は朝、夕の涼しい時間にしましょう。
また寒い地域でも屋外で飼育できますが、屋外と室内を自由に行き来できる環境が望ましいでしょう。

飼育の際の注意点

健康面では、大型犬に多い股関節形成不全に注意が必要です。

プロの犬のしつけ方法@ベスト3

遠藤和博のしつけ法

テレビでお馴染み、遠藤トレーナーの断トツ人気の犬のしつけ講座! ワンちゃんの問題行動を解決して、今すぐ!おりこうさんにする方法を公開!無駄吠え、飛びつきなどすべて網羅!

森田誠のしつけ法

森田誠の独自の犬のしつけ法は、ほとんどの問題行動を解決可能!犬に命令する必要もありません!「ダメ犬しつけ王選手権」パーフェクト優勝の実績は本物。2万5000本販売の実績!

藤井聡のしつけ法

50年以上犬と共に暮らし、1000頭以上の犬を手掛けてきたプロトレーナーの藤井聡が、愛犬のしつけに大切なことを説明したDVD!3つを実践するだけで、愛犬の問題行動が解決。