ラブラドールレトリバー
▼人気犬種ランキング 第15位(09.JKCより)
ラブラドールレトリバーは、いろいろな仕事を命令して、それをやり遂げることにとても生きがいを感じるタイプの犬種です。
性格は温厚で優しい、粘り強い性格をしています。また、頼りになり、従順で訓練しやすく、とても感覚の鋭く温和で利口な性格をしています。

他の人に対してはとても人なつこく、警備犬や番犬にはあまり向いていませんが、家庭犬としてはとても良いパートナーになります。 ラブラドールレトリバーが能力として向いているものは、盲導犬や捜査・救助犬などで、現在も多くの場所で活躍しています。

小さな子供とも友好的で気立てが良く、他の犬やペットに対しても同様に仲良くやっていけるでしょう。 他のレトリバー種と比べて、少しやんちゃな面がありますので、幼犬期のころからしつけが大切になります。

スポンサードリンク

ラブラドールレトリバーのしつけと飼い方

ラブラドールレトリバーは暑さに弱いので、夏場の運動は早朝か夜になってから行いましょう。また、夏場は道路のアスファルトが熱く焼けていますので、注意が必要です。

ラブラドールレトリバーがしつけの時に叱っても効果がない時はほめて育てましょう。ほめてあげるとどんどん良くなるタイプです。

ラブラドールレトリバーの被毛のお手入れ

ラブラドールレトリバーのしつけ方

ラブラドールレトリバーの被毛のお手入れは、短いダブルコートなので、毎日のラバーブラシで軽くブラッシングで結構です。被毛の汚れが目立ってきたら固く絞ったタオルか蒸しタオルで、身体全体を拭いてブラッシングを行いましょう。

シャンプーを行う場合は、1か月に1度が適当で、身体全体をぬるま湯のシャワーで濡らしてシャンプーをして、指でマッサージするように洗います。

リンスを行う場合は、その後のすすぎを十分に行います。被毛を乾かすときは、タオルで水分を十分に取り除いて、ドライヤーで乾かします。 この時に、耳の中の掃除も行いましょう。

ラブラドールレトリバーと運動

運動は毎日欠かさず十分にさせることが必要です。お散歩の場合年齢によっても違いますが、大体、毎日2回、30分から1時間程度の引き運動を行います。

また、広い安全な場所で20~30分程度、自由に運動をさせましょう。また、水泳や水遊びが好きなので、水泳をさせても良いです。

スポンサードリンク

※実践したしつけ方をシェア!【ラブラドールレトリバー編】

犬のしつけ方引っぱりを防止させた方法
【投稿者】Anneさん 43歳女性 ライター
【しつけ完了までの期間】約1年
【犬種】ラブラドールレトリバー
【道具】引っぱり防止ハーネス(胴輪)

甘やかしたラブラドールレトリバー

私は6年前、幼いころからの憧れだったクリーム色のラブラドールレトリバーのオスを飼い始めました。ラブラドールレトリバーといえば、盲導犬や介助犬など賢い犬のイメージがありますが、子犬のころはビックリするくらいヤンチャで元気がありあまっている感じです。

しかし、子犬はかわいいものです。私は、そのかわいさに負けて甘やかしてしまっていたのです。ただ、散歩するだけなのに、帰ってきたらグッタリな毎日でした。私の犬はひっぱりが強く、自分が行きたい所へ私をひっぱる始末です。

次第に犬の体が大きくなり、私は完全に犬のいいなりになっていきました。そんな時、「こんな犬を街中で歩かせるものじゃない。」というお叱りの言葉を受けました。

ラブラドールレトリバー

ジャパンドッグアカデミーへ

私は、本格的に犬のトレーニングをしようと「ジャパンドッグアカデミー」へ入会しました。ひっぱりで困っていると伝えると、ドッグトレーナーから「これで少しはおさまります。」と言って、犬の胴のカチッとつけたのが「ひっぱり防止ハーネス」でした。

このハーネスをつけると、犬が歩こうとすると前についている金具が止めてくれて、犬を前に行かせようとしません。

犬も「あれ?」という感じで私を見ています。この犬が私を見上げることで、アイコンタクトもとれるようになりました。「ペピィからハーネスを購入できますよ。」と言われ、さっそく購入しました。

ひっぱり防止ハーネスでのしつけ効果は?

ひっぱり防止ハーネスが届いた日から、犬がひっぱることはなくなりました。今までは何だったんだ?と思うほど私の左側をピッタリくっついて歩けるようになりました。お叱りの言葉を受けることもなくなりました。

それからは、「スワレ」「マテ」「コイ」などの基本的なしつけもすんなり犬に入るようになりました。

ドッグトレーナーが言うには、「犬は私のことをリーダーだと思っておらず、好きなことをさせてくれる人」だと見ていたのだろうとのこと。

愛犬は私をリーダーと認識した?

ひっぱりをなおすことによって、私をリーダーと分かり始めたようです。「犬はかわいがるもの。だけど甘やかしてはいけない。」とトレーナーの言葉が今でも忘れられません。

犬のお助けアイテムも増えてきています。このようなグッズを使ってしつけを見直すのも良いと思います。しかし、一番大切なのは、どんな犬にも早めに飼い主さんがリーダーであることを教えることです。

この関係があるからこそ、しつけが入り、お利口さんな犬へと成長できるのです。犬に信頼される飼い主であるように人間も成長が必要だと感じています。

 

犬のしつけ方無駄吠えを防止させたしつけ方
【投稿者】ケン 40歳男性 会社員
【しつけ完了までの期間】1年程度
【犬種】ラブラドール・レトリバー(メス)
【ポイント】指示を出すよ、とこちらに意識を集中させ、とにかく我慢強く繰り返すこと

来客は犬にとって楽しい出来事

ラブラドールレトリバー

うちの犬はラブラドールレトリバー、メス、4歳、名前はジュリーと言います。

ジュリーは家のインターホンが鳴ると、玄関扉の前まで出かけて行き、わんわんと吠えてお出迎えをするのが当たり前だと思っているのか、このお出迎えの無駄吠えが止められませんでした。

考えられる原因は、家族で自営業を営んでいる者がいるので来客や荷物の配達が多く、インターホンがなる度に家族の誰かが「はいは?い」と玄関へ行きます。

そして、来客の場合や犬好きの配達員さんや各種営業さんはジュリーに話しかけたり、頭を撫でられたりしていたために、インターホンが鳴れば我先にお出迎えに行くようになりました。

インターホンが鳴る度に、1、2度わんわんと吠えるだけならば、まぁそれほど気にはなりませんでしたが、その内に、よく遊んでくれる友人や来客者のバイクや自転車を停める時の音を覚えて、ジュリーのお気に入りの人が来るとインターホンが鳴る前からわんわんわんわんと大きな声でずっと吠え続けるようになりました。

これは流石にうるさすぎるので、家族のみんながこらっ!!と怒っているのですが、その程度で無駄吠えがおさまるわけもなく、無駄吠えに関してしつけをすることになりました。

言葉は分かるのに、止められない

ジュリーはハウス、お座り、お手、伏せ、待てなどの基本的なしつけは出来ていて、言葉は分かっているのですが、遊んでいる時など少し興奮してくると、待てなどがあまり我慢できなくなることがあります。

特にお気に入りの人が来客した時は興奮状態になり、ダメ、と言っても全く聞かず、ハウスを何回も繰り返し言うと、渋々玄関から離れて行きます。

待てもダメもハウスも分かっているはずなのに、無駄吠えが止められずに困っていたので、飼い犬のしつけがしっかりしているの友人に相談した所、お出迎えの作法のしつけをしてみたら?と言われて、いろいろと考えて我が家のお出迎えの作法を作り、しつけることにしました。

来客時には、することがあると分からせる

ラブラドールレトリバー

インターホンが鳴るとジュリーが玄関へ行き吠える、そして、家族の誰かが玄関へ行き来客を出迎えます。

この手順を変え、インターホンが鳴ると玄関へ行くジュリーを呼び止め、まず家族の横にお座りをさせます、そして、その後一緒に玄関まで歩いて行き来客を迎えるようにしました。

これでもまだ無駄吠えは止まりませんが、来客者が来たと少し興奮している状態から、家族から指示を受けるために意識が家族に向いているために、玄関で吠えた時にダメと叱るとすぐに無駄吠えが止まるようになりました。

その後、何度も何度もこの手順を繰り返すことで、インターホンが鳴るとまずは家族の足元に来て、それから家族と一緒に来客者を出迎えるようになり、無駄吠えもしなくなりました。

但し、これができるようになるまでは半年以上かかりました。何も指示をしなくても自主的にできるようになったのは、1年以上かかったと思います。

自由にして良い時と、してはいけない時を分からせる

このしつけができたことで、他にも細かなことでしつけができていないことも、ジュリーを足元に呼んでお座りをさせて、こちらの目を見て指示を待つようになるようにしつけました。

そうすると、散歩の時や少し興奮してきて言うことを聞かなくなって来た時に一旦足元に呼んでお座りをさせることで、何か指示があるんだと分からせることができ、以前より家族の言うことをしっかりと聞くようになりました。

プロの犬のしつけ方法@ベスト3

遠藤和博のしつけ法

テレビでお馴染み、遠藤トレーナーの断トツ人気の犬のしつけ講座! ワンちゃんの問題行動を解決して、今すぐ!おりこうさんにする方法を公開!無駄吠え、飛びつきなどすべて網羅!

森田誠のしつけ法

森田誠の独自の犬のしつけ法は、ほとんどの問題行動を解決可能!犬に命令する必要もありません!「ダメ犬しつけ王選手権」パーフェクト優勝の実績は本物。2万5000本販売の実績!

藤井聡のしつけ法

50年以上犬と共に暮らし、1000頭以上の犬を手掛けてきたプロトレーナーの藤井聡が、愛犬のしつけに大切なことを説明したDVD!3つを実践するだけで、愛犬の問題行動が解決。